もっと活用したい! iPhone「ヘルスケア」アプリの知られざる機能5つ – コラム – 緑のgoo

ほとんどのApple WatchやiPhoneユーザーは、Appleの「ヘルスケア」アプリに馴染みがあると思います。

中でも一番よく知られているのは、運動やカロリー、スタンド時間などを記録する「アクティビティ」のセクションでしょう。

しかし、このヘルスケアアプリをもっと深堀りすると、さらに多くの便利な機能が見つかります。今回は、Appleの「ヘルスケア」アプリの、あまり知られていない埋もれている機能をご紹介します。

目次

1. 月経周期

2. 歩行データ

3. 投薬と健康データの記録

4. 聴覚

5. 睡眠の記録

1. 月経周期

Image: MakeUseOf

App Storeには、月経周期を記録するアプリはたくさんありますが、「ヘルスケア」アプリにも月経周期を記録する機能があるというのはご存知でしょうか?

単体の月経記録アプリにある大事な機能は、すべて内蔵されています。

月経の開始日と終了日、月経周期の日数を入力することができます。月経周期がわからなくてもご心配なく。

このアプリでは初期設定が28日間に設定されており、毎月追加されるデータに応じて調整されます。

アプリは、入力されたデータを元に、次回の月経の開始日や排卵日の予測をします。また、月経に関する症状を記録するための、データの入力も可能。

月経周期を記録することのメリットはいくつかあります。

一番わかりやすいのは、次回の月経が始まりそうな日がわかることです。

妊娠を望んている場合は、一番妊娠しやすい日もわかります。

また、月経周期を記録すると、月経が遅れている場合に、妊娠の可能性や様々な健康上の問題があることがわかります。

2. 歩行データ

Image: MakeUseOf

知らない人もいるかもしれませんが、iPhoneをポケットに入れて、もしくはApple Watchを付けて歩いていれば、興味深い歩行データも集めることができます。

以下の手順で、歩行データにアクセスすることができます。

Appleのヘルスケアアプリを開く。 ブラウズアイコンを選ぶ。 ヘルスケアのカテゴリーで歩行を選ぶ。

歩行データのところを開いたら、興味深いデータが見られるようになります。

歩行両脚支持時間

これは、歩行中に両足が地面についていた時間を表します。健康的な人の歩行両脚支持時間は、通常歩行中の20〜40%です。

パーセンテージが高いと、バランスや筋肉の動きに問題がある可能性があります。iPhoneは、平坦な地面を歩いている間の歩行両脚支持時間を記録します。

歩幅

これは、歩行中の前足と後ろ足の距離です。iPhoneを持ち歩いている時に歩幅が記録されます。身長や、歩行速度、歩いている地形によって変わります。

ただし、歩幅が非常に小さい場合は、移動全体の強度や動きの低下を示している可能性が。このデータは、高齢者や怪我の回復期にある人には特に役に立ちます。

歩行非対称性

歩行パターンの対称性を測定するものです。

左右の足が同じ速度で歩いている時は、健康的で一定の歩行パターンになります。どちらかの足が速い、もしくは遅い場合は、怪我や病気、もしくは他の健康上の問題を示している可能性があります。

iPhoneは自動的に歩行非対称性を記録するので、変化やパターンを確認したい時は、このデータをチェックしてください。

歩行速度

平らな地面を歩いている時の速度です。

これも、iPhoneを持ち歩いている時に自動的に記録されています。正確な歩行速度を測るには、ヘルスケアアプリに自分の身長を保存しましょう。

3. 投薬と健康データの記録

Image: MakeUseOf

吸入器の使用、インスリンの放出、血糖値、バイタルサイン、その他健康の症状など重要な医療情報も、Appleのヘルスケアアプリで記録することができます。

健康状態を監視したり、治療したりしている場合は、本人や主治医が健康状態、症状の傾向、現在の治療の効果などを評価するのに、このようなデータが役立つでしょう。

ヘルスケアアプリのブラウズに行くと、アプリが記録している健康情報の一覧が表示されます。さらにデータを記録する機能が見たい場合は、一覧の下のその他のデータを選びましょう。

4. 聴覚

Image: MakeUseOf

ヘッドフォンを使いながら大音量で音楽を聴くと、聴覚にダメージを与える可能性があります。この問題に対処するために、Appleはヘルスケアアプリに、ヘッドフォンの通知や音量レベルの記録を追加しました。

ヘルスケアアプリでヘッドフォンの通知を有効にした場合、7日間のヘッドフォンの音量が限度を超えると、通知が送信されます。また、音量が限度を超えると、ヘッドフォンの音量も下がり、通知が送信されます。

再生された音量と時間を測定して、聴覚にダメージを与える可能性を見積もったものが限度です。

以下の手順で、ヘッドフォンの通知を有効にできます。

ヘルスケアアプリを開く。 下部の右にあるブラウズに行く。 メニューから聴覚を選ぶ。 ヘッドフォンの通知のトグルをオンにする。

Apple Watchユーザーの場合は、身の回りの騒音レベルが高すぎ、聴覚にダメージを与える可能性がある時に、ヘルスケアアプリが通知することもできます。

5. 睡眠の記録

Image: MakeUseOf

Appleのヘルスケアアプリの睡眠の機能で、毎晩の睡眠時間を記録することもできます。睡眠モードを有効にして、睡眠スケジュール、睡眠目標を設定したり、就寝準備のアクティビティを設定しましょう。

睡眠モードが、おやすみモードをオンにし、邪魔なものを制限するためにロック画面がシンプルになります。

ヘルスケアアプリの睡眠の機能では、他の睡眠記録・サポートアプリとも連携します。これを最大限に活用したい場合は、iPhoneの睡眠記録機能のガイド記事をチェックしてください。

Appleのヘルスケアアプリを活用しよう

Appleのヘルスケアアプリは、幅広い重要な健康や医療データを提供することができますが、自分で活用しようとした時にだけ役立ちます。

最大限に活用するには、記録したいデータをきちんと入力し、iPhoneやApple Watchが記録する行動データを定期的に確認しましょう。

このようなデータは健康状態を監視するのに役に立ちますが、治療や適切な医療行為の代わりにはならない、ということは忘れないでください。

健康状態について何か気になることがあれば、医療の専門家に相談しましょう。

あわせて読みたい

生産性を向上させる、7つのおすすめApple Watchアプリ Apple Watchを持っている人も、購入を検討中の人も、おそらくApple Watchによって日々の仕事やルーティンを改善したいと思っていること… https://www.lifehacker.jp/2020/11/223946apple-watch-apps-boost-productivity.html マスク着用時にiPhoneのロックをApple Watchで解除する方法 iOS 13.5では、マスク着用時にFace IDでロック解除を試みたあと、パスコード入力画面に素早くアクセスできるようになりました。それでも、ロッ… https://www.lifehacker.jp/2021/02/unlock-your-iphone-with-your-apple-watch-when-wearing.html

Image: Shutterstock

Original Article: 5 Lesser-Known Apple Health Features Worth Using by MakeUseOf

Source